MENU

レディースデニムはどこで買う?おすすめのブランドは?

 

デニムってなんにでも合わせやすくて、安心感がありますね。

 

「とりあえずデニムをはいておけばいいか」なんて、なんとなくコーデに取り入れがちなアイテム。

 

でも、本当におしゃれな人は、デニムの着こなしがピカイチ。

 

デニムブランドのMOUSSY(マウジー)とLevi‘ s(リーバイス)から、思わず二度見されちゃうコーディネートと旬なアイテムを集めました。

 

 

これさえはけばオシャレ見えする、今どきデニムのMOUSSY(マウジー)

バギー

 

マウジーのバギーは、とにかく脚がきれいに見えます。落ち感のあるきれいで柔らかい素材と、すっきりしたハイウエストが特徴です。短め丈のトップスを合わせて、ウエスト見せがスタイルアップの秘訣です。


 

ワイドストレートのクラッシュデニム

 

縫製の糸もすべてオリジナルの日本製で、クラッシュ加工も手作業で作られています。大人っぽくはける、どこか品のあるクラッシュです。衿つきのきれいめなブラウスとの相性もバツグンです。


 

カットオフストレート

 

メンズライクだけど、ほんのり女っぽさが漂う新しいデニム。メンズデニムを女性向けに改良したような、すっきりとしたシルエットと切りっぱなしの裾が旬なデニムです。シンプルなTシャツに、ロングの羽織りで今っぽく着こなしたい1本。


 

定番中の定番、ベーシックデニムのLevi‘ s(リーバイス)

501CT

 

ひざから下の足首にかけてのテーパードシルエットが、この上なくきれいなデニムです。初期の501を今風に進化させた最強デニムは、世界中から愛される定番です。どんなトップスでも粋なスタイルに、着こなせます。


 

ウェジー(WEDGIE)

 

ヴィンテージ505の良さをそのまま残して、女性のヒップラインをきれいに見せるシルエットに作られています。ハイライズでクロップド丈の絶妙なテーパードライン。ウエストやヒップを包み込みながらも、バックはタイトで細身ラインの完璧なシルエットを実現しています。


 

710

 

どこかクラシカルで、モダンやフェミニンという言葉が似合うデニムです。スーパースキニーだけど、心地よいフィット感とヒップアップ効果も満足な1本。とろみ素材のシャツを、フロントINで着る旬なスタイルに合うデニムです。


 

 

今年の春夏トレンドにのったデニムを買うなら「ZARA」

 

裾が切りっぱなしだったり、シルエットがワイドだったり、ダメージ加工が施してあったり…。

 

デニムも、その年、その年で、流行り廃りがあるので、出来れば、今年っぽいデザインのデニムパンツに更新したいものですよね。

 

そんな時に便利なファストファッションブランドが、プチプラながらも、トレンドデニムが豊富に揃ってるのZARA(ザラ)です。

 

2018年のレディース夏ファッションのトレンドをおさえながらも、着回ししやすいZARAのデニムパンツを集めてみました。

 

切りっぱなし白フレアデニム

今年のレディース夏ファッションのトレンドのサファリカラーにもよく合うホワイトデニムパンツ。白色で裾がカットオフ加工になっているので、リゾートカジュアル的なコーディネートにもピッタリです。

 

レトロな淡色デニム(バギーシルエット)

夏コーデのトレンドの一つ「レトロファッション」っぽい着こなしにするなら、バギーシルエットの淡色デニムパンツがおすすめ。ナチュラルなウォッシュ加工が入っているので、シンプルな白シャツにもよく合います。

 

夏の野外フェスには、クラッシュ加工デニム

夏フェスなどのイベントものにピッタリなのが太腿から膝にかけてクラッシュ加工が入ったスリムなシルエットのデニム。ZARAの新作では、裾に、思い切りフリンジ加工が施されているタイプもあるので、夏服コーデの流行りの一つになっている「70年代風のコーデネート」に使う事もできます。

 

 

 

40代〜50代が卒業式、入学式に着られるジャケットとTシャツ

春は卒業式や入学式のシーズンですね。

 

あらたまった式典なので、どんな格好をすればいいのかお悩みの方も多いと思います。

 

卒業式は落ち着いたスーツを、入学式には華やかなスーツを用意する方もいらっしゃいますが、卒業式と入学式で2着用意するのはお金がかかってしまいます。

 

セレモニースーツは頻繁に着る機会もないので、あまりお金はかけたくないところです。

 

そこでおすすめなのが、ツイード素材のジャケットと、厚手のきれいめTシャツです。

 

Tシャツは、40代〜50代の大人の女性でも、ブラウス感覚で着られる無地のシンプルなデザインがおすすめ。

 

最近では、カラーバリエーションも豊富なので、雰囲気に合わせて、インナーの色を変えたりすることも出来ます。

 

参考サイト:50代の女性の夏服はシャツで変わる!大人の進化系トップス2019

 

ジャケットは、春夏なので、生地は薄めで、オフホワイトだと、どんな色にも合わせやすく、着回し力があります。

 

また、オフホワイトのジャケットなら、、卒業式・入学式どちらにも着られます。

 

わざわざ2種類のスーツを用意する必要がありません。

 

卒業式は割りとダークな色のスーツを着る方が多いので、下に合わせるボトムスは黒のシフォン素材のスカートがピッタリです。

 

ジャケットが明るい色なので、ボトムスはダークな色を合わせたほうが卒業式にふさわしいです。

 

パンプスは黒、バッグも黒にするとまとまり良く見えます。中に着るものを変えて工夫すると、謝恩会でも着られます。中に着るのは黒のワンピース。

 

ジャケットの前を止めずに羽織り、アクセサリーやバッグ、靴を華やかにするだけでまた違った着こなしが出来ます。

 

一方で入学式は明るい色で華やかを出したほうがいいので、同じ色味のオフホワイトのスカートが合わせやすいです。上下セットで買ったかのようなスーツに見えます。

 

パンプスとバッグはベージュで合わせることで、入学式ファッションの出来上がりです。どちらの式典もコサージュをつけると、華やかさアップです。

 

薄手のツイードジャケットは着回し力抜群アイテムなので、このようなジャケットが1着あるとコーディネートに悩まなくて良いのでおすすめです。